マンモスマン太

これが俺の生き様だ

太陽光発電のメリットデメリット

メリット

発電して余った電気を高く買い取ってもらえる

10kW以上の大型太陽光発電システムは発電した電気の全てを売る事ができますが、10kW未満の住宅太陽光発電システム(全国平均4.5kW)では、発電した電気はまず家で使用され、余った電気だけ電力会社に売る事ができます。

普段の電気代の単価より、売る事が単価の方が高いので、日中に電気の使用量が少ないご家庭ほどメリットが多くなる仕組みになっています。

売電の詳しい仕組みについては、こちらのページをご覧ください。

デメリット

投資回収が見合わない可能性がある

メリットの所に書きましたが、住宅用の太陽光発電システムはあくまで「余った電気だけ高く買い取ってもらえる仕組み」です。

つまり裏を返せば、発電した電気を全部使い切ってしまうと、かなりメリットが少なくなってしまう、とも言えます。
二世帯住宅のご家庭や、ペットなどを飼っていてエアコンなどの空調機器を入れっぱなしのご家庭などは慎重な判断が必要です。

また、小さな容量のシステムしか載せられないために、余らせる程たくさん発電できない条件の場合も同様に慎重にご判断ください。


メリット

月々の電気代が安くなる

発電した電気は優先的に家で使われます。今まで払っていた電気代を払うことなくご自宅の屋根で発電した電気を使いますので、その分月々の電気代は安くなります。オール電化を導入しているご家庭では通常深夜の電気代単価を安くする代わりに日中の電気代単価が高くなる電気料金プランにされますので、より電気代の節約効果が高くなります。

デメリット


常に発電しているわけではない

太陽光発電システムはあくまで太陽光があたって発電するもの。つまり夜は発電をしません。雨や曇りの時にも大幅に発電量は低下します。太陽光発電システムを設置したからといって夜の時間帯にたくさん電気を使ってしまうとむしろ電気代の増加に繋がってしまいます。


メリット


災害・停電時の非常用電源として使える

パワーコンディショナを自立運転モードに切り替える事により、通常パワーコンディショナについている自立運転コンセントを使用して、最大1500Wまで使用する事ができます。テレビ・ラジオの視聴や携帯電話の充電等に利用できます。


デメリット


夜は発電しないし、蓄電できるわけではない

東日本大震災の時に太陽光発電を設置している家だけ夜でも電気が煌々とついていたという話が出回りましたが、全くのデマです。太陽光発電システムは太陽光があたっている時しか発電しませんし、蓄電ができるわけではないので、夜の停電時に活躍する事はありません。それらを当てにして購入してしまうといざという時に当てが外れて困り果てることになります。

メリット

太陽光パネル設置面下の部屋は、夏涼しくなり冬暖かくなる

夏場は屋根に直接当たっていた太陽光が太陽光パネルにより遮られますので、その下にある部屋の温度上昇を抑える効果があり、室温がおよそ2~3度下がると言われています。

冬場は、太陽光パネルによって、屋根面からの放射冷却が抑制されることにより温度低下が抑えられるため、室温がおよそ1~2度上がると言われています。

エアコンの節電にもつながり結果売電量の増加に貢献します。

詳しい解説はこちら

太陽光発電にはデメリットもある

太陽光発電システムがいくら環境に良くて、電気が節電になり経済的な利益があると言っても、メリットばかりの完全なよいシステムなわけではありません。確かに、東日本大震災以降の危機意識や昨今の環境志向から太陽光発電は非常に有益なシステムであるのは間違いありません。
また、製品のクオリティも高くなり、価格も安価になったことから補助金がなくても経済的なメリットを得ることが容易になりました。さらに全量買取り制度などを活用すれば、より有益に活用できることは明らかなことと思います。
一方で、太陽光発電には、他の発電方式にはないデメリットがあるのも動かしがたい事実です。

善良ではない太陽光発電業者は、太陽光発電のメリットばかりを強調して、デメリットを一切言うことなく「絶対トクだから太陽光発電を購入しよう」とか、「買取り価格が高いうちに買いましょう」とか、あの手この手のテクニックを使って買わせようとしますが、それらを鵜呑みにしていはいけません。

しっかりと基礎的な太陽光発電のデメリットを知ることで、業者に的確な質問や確認を行い、間違って導入することがないようにして頂きたいと思います。ここでは、太陽光発電販売業者があなたに言いたくない「9のデメリット」をお伝えしたいと思います。

気をつけなければならないことは完璧さ

具体的な太陽光発電のデメリットを解説する前に、前提の知識として覚えておいて頂きたいことがあります。それは、「この社会に完璧な製品は存在しない」ということです。確かに原理原則というものはありますが、不完全な存在である人間が、完全にすべてのことを知ることができない状態の中で開発し、不完全な設備で製造するわけなので、完璧な製品というものは絶対にあり得ません。当然、完璧を求めてしまうと、いかなるものも買うことができませんし、そもそも生きていくことさえ難しい状況になりますので、健全な妥協をする必要があり、完璧なメリットとデメリットの間を取り持つことが求められます。

なので、逆にいうと「完璧だ」という営業マンについては、気をつけないといけません。悪意を持ってあなたを騙そうとしているか、悪意はないまでも狭い見識の中であなたに押し売りしようとしているか、あるいはあなたを言いくるめて操作しようとしている可能性があります。もちろん、結果うまくいくケースもあるでしょうが、騙されてしまう恐れもありますし、高づかみしてしまったり、粗悪品を買ってしまうことにもなりかねませんのでご注意ください。業者が積極的には言いたくないさまざまなリスクやデメリットを知って、検証して頂けたらと思います。

私がこのサイトを運営している背景には、太陽光発電でできるだけたくさんの人にメリットを享受してほしいという思いがあります。なので、私はこのサイトを運営することで、未然に想定されるトラブルを回避して、あなたが絶対に損しないように導きたいと思っています。だから、正しい太陽光発電システムについての情報をお伝えしているわけです。

確かに私のサイトが100%正しいとも思いませんし、私がまだ認識していないこともあるでしょう。でも一方で、現在わかっている範囲の確認の取れている真実については、すべてをあなたに伝えたいと思っています。それが太陽光発電アドバイザーである私の使命だからです。

以上の背景から、しっかりと9のデメリットを押さえておいてください。そして、導入を決断する前に必ず業者に質問するようにしてください。これからお伝えするデメリットに対してどう対処できるか、ということをです。また、デメリットについては、現状9個ですが、これからさまざまな事例や状況、科学の進歩に合わせて新しい情報が出次第、更新していこうと思います。

太陽光発電9つのデメリット

まず、前提として知っておいて頂きたいことは、太陽光発電システムは設置場所を選ぶということです。
そもそもシステム自体を設置できる場所、できない場所がありますし、導入に適している場所、不適な場所があります。また、方角や角度、日影条件や地域などさまざまな個別の要因のひとつひとつが重なり合って、太陽光システムにとって有益な条件か否かが決まります。

最終的には個別の環境を調査することが必要になりますので、太陽光発電のメリットデメリットをこちらで一通りリサーチしましたら、別途これだけは抑えておきたい設置のポイントをご参照の上、現地調査・見積もり依頼をかけられてください。そうすることで、個別の条件を勘案して、本当にあなたにとって太陽光発電がよいものなのかどうかを知るとよいでしょう。

例えば、あなたが一般家庭の場合で、奥様が専業主婦で平日日中に家でたくさんの電気を使うかもしれません。その場合、余剰電力の売電があまり生まれないことになりますので(主に発電した電力は自家用に使われることになるため)、設置費用を10年で回収できる見込みが少ないかもしれません。その場合、家庭用の蓄電池を導入するなどして、より長期で初期費用を回収していく計画にしてもよいですし、さらにガス発電を導入してダブル発電にしてトータルの回収期間を10年で抑える方法を模索するのもひとつでしょう。そもそも太陽光発電を導入しないと決断するのも一つです。あるいは、固定価格買取制度の売電価格が高いいまのうちに、家庭にではなく、事業用として隣の土地に規模の大きな産業用太陽光発電を検討して収益を狙うのも一つでしょう。

このように、まずはあなたの「個別の状況」に合わせて最もメリットが大きくなる方法を模索してみるために、きちんとした現地調査をすることが必要になるのです。
比較的高額な初期設置費用
天候に左右されるため発電量が不安定であること
絶対的な発電効率が悪いということ


比較的高額な初期設置費用

太陽光発電を導入しようとすると、当然のことながらお金がかかります。しかも、最低でも100万円程度のまとまったお金がかかることになります。太陽光発電が普及し始めた頃に比べると格段に費用は安くなったとはいえ、一般家庭で100万円ものお金を準備するのは大変です。もちろん、ソーラーローンなどの割賦も利用はできますが、割賦は借金なので、金利もかかればリスクになる可能性も出てきます。

また、基本的に初期費用は、導入する規模に比例して大きくなることになりますが、特に導入する規模(kW数)が小さいと1kWhあたりの価格も高くなります。これは、どれだけ小さな規模で設置しようとしても、一定レベルの工事費がかかってしまうことになり、太陽光発電機器自体の価格に対して割合が大きくなってしまうことが原因です。つまり、1kWあたりの設置にかかる機器自体以外の価格が大きくなってしまうという問題点があるわけです。逆に、規模を大きくすればするほど、機器自体の単価は下がり、工事の単価も下がることになります。

一方で、費用がかかるから太陽光発電はデメリットになるというのは早計です。ある程度まとまった額を投資するからこそ得られるリターン=メリットがあるのも事実です。これらのことをトータルで考えることが必要になるでしょう。つまりどれだけコストがかかって、どれだけ利益が出るのかをしっかりと見極めることが大切だということです。例えば、100万円出して、1年で10万円以上の利益を出したなら、さらに10年という期間は太陽光発電メーカーが一定の発電量を保証してくれるとしたならば、100万円は高いとはいえないかもしれません。この辺りの詳しい内容については、こちらでご確認ください。
→デメリット1・比較的高額な初期投資

天候に左右されるため発電量が不安定であること

太陽光発電は、太陽光が照射されている間は光エネルギーを受けて電気を発電しますが、そうでない時は発電しません。なので、夜間は発電しませんし、雨や曇り、雪の日は発電量は極端に低下することになります。さらに、真夏などパネルの温度が高くなるときは日照量に比べて発電量が小さくなる傾向にあります。以下の図をご覧下さい。
定期的なメンテナンスが必要になりコストと手間がかかる
太陽光電池を設置する際の面積の問題
今あるお金が減る未来への投資であること
電磁波のリスク
出力抑制による売電量の減少
太陽光発電パネル製造時の環境負荷
一つ一つ、概要を解説した上で、詳しい内容については、専門の記事を準備していますので、リンク先にてご確認ください。


このように、天気によって発電量が不安定になる傾向があり、常に一定した電気エネルギーを得られない、あるいは予想できないということはデメリットの一つということができるでしょう。

※また発電量が不安定であることが理由で、電気の自給自足は難しくなっています。想像してみてください。梅雨などの雨の多い時期や冬の雪に閉ざされた時期に、日中発電量を得られない場合、仮に3日分の電力を貯蔵できる蓄電池があったとしても、4日雨が続くとライフラインである電力を得ることができなくなってしまうわけです。発電量の不安定さについて詳しくは、こちらでご確認ください。
→デメリット2・天候に左右されるため発電量が不安定であること

絶対的な発電効率が悪いということ

太陽光発電システムは、他の自然エネルギーを活用した再生可能エネルギーに比べて、発電効率が悪いと言われています。現在最も発電効率がよいパネルであっても、降り注ぐ太陽エネルギーのおおよそ20%程度しか電力に交換することはできません。

例えば、太陽熱利用の場合(太陽熱温水器など)、太陽エネルギーの最大で50%を熱エネルギーとして交換して利用することができます。水力発電は水が移動する力を利用したものであり、高低差を使えばいくらでも発電効率を高くできます。風力発電はそれこそ風力や風向きに左右されますが、いずれもタービンを直接回すので技術的に考えても、発電効率はよいということになります。※逆に、これら水力発電風力発電などは初期の設置コストが高額になるため、気軽に参入することはできません。また、エネルギー源を太陽光みたいに誰でも得られるわけでもありません。そういう点では太陽光発電のほうが有利です。
また、通常の化石原子力発電や火力発電に比べても加わるエネルギーに対しての発電量は小さいということができます。そういう意味では、ガスによる発電を併用したダブル発電は悪くないかもしれません。詳しくは、こちらでご確認ください。
→デメリット3・絶対的な発電効率が悪いということ

定期的なメンテナンスが必要になりコストと手間がかかる

太陽光発電はメンテナンスフリーです。このように言われていたのは、もはや過去の話です。実際には、しっかりとメンテナンスすることで、はじめて長期にわたり安定的に発電して、メリットを最大化されることが証明されています。例えば、実用例としてもっとも長い京セラの太陽光発電所などでも、定期的なメンテナンスをしていますし、パワーコンディショナーの交換も行われています。

販売店やメーカーによる無償メンテナンス以外は、当然費用がかかってきますので、「設置したら後はほったらかしでよいのが太陽光発電」というわけにはいかないのです。※もちろん、メンテナンスしない場合でもソーラーパネルやパワーコンディショナーのメーカーによる保証は適用されます。

例えば、以下の資料のように太陽光発電のトラブルは多く報告されています。

トラブルが起こってしまった場合については、保証期間内であればメーカーが無償で対応してくれますが、修理や交換をしている間の「機械ロス」はどうしても避けることができません。しっかりと長期的な目線で、メンテナンスコストも踏まえた上で導入するかどうかを判断することが必要です。そして、導入時に販売業者にしっかりとメーカーの保証期間を確認、販売業者の保証やメンテナンス内容も確認の上、修繕計画を含めて検討することが必要です。また、その際に屋根に万が一のことが起こった際の対応や保証も確認しておくとよいでしょう。詳しくは、こちらでご確認ください。
→デメリット4・定期的なメンテナンスが必要になりコストと手間がかかる

太陽光電池を設置する際の面積の問題

太陽光発電を導入するには、パネルを設置するのに、屋根の上や空いた土地等、一定以上の不動産の面積が必要になります。初期費用が比較的高額になるというところでもお伝えしましたが、導入の規模が小さくなると、それだけ導入単価が高くなることになります。

太陽光発電でもっとも大切な指標の一つに、費用対効果があると私は考えているのですが、パネルを設置できる面積が小さいとどうしても設置できる太陽光システムの規模が小さくなってしまい、費用対効果が低下してしまうというデメリットがあるわけです。逆に設置面積が大きくなればなるほど、導入できる規模が大きくなり基本的に導入単価は下がることになります。

※ただし50kWで高圧の産業用の扱いになると、キュービクルの設置等で少し話しが違うケースが出てきますが、一般的な家庭の場合や50kW未満の場合、100kW以上の場合は気にする必要はありません。キュービクルの導入は50kW以上の産業用太陽光発電には不可欠なのですが、おおよそ100万円程度のコストで導入できるので、おおむね100kW以上になればキュービクルの設置費用を太陽光発電の設置費用が吸収して、単価が下がることになります。詳しくは、こちらでご確認ください。
デメリット5・太陽光電池を設置する際の面積の問題

今あるお金が減る未来への投資であること

これは、デメリットの1番目の「比較的高額な初期設置費用」という部分にも密接に関係するデメリットです。太陽光発電を現金で購入する場合は、手元にあるお金が減るということを意味します。このデメリットは、一般的な手元資金が減少することのデメリットになるのですが、特に事業を営んでいる人などからすると、ものすごく大きなデメリットとなります。
いわゆる「キャッシュフロー」というやつです。基本的には、事業用だろうと家庭用だろうときゅっ主婦ローという観点はとても大切になるので、しっかりと初期導入費用がいくらで、設置後どれだけ発電量を得て、電気代の節電や売電によって収益を得られるのか、回収期間はどれくらいなのか、そもそもその間のお金はきちんと回るのか、他の余剰資金はあるのか、等々検討しておく必要があります。
もちろん、ソーラーローンなどを使うことで、このデメリットは回避されますが、万が一に備えて、現金余力をなくしてまで太陽光発電を導入するのはやめたほうがよいでしょう。→詳しくは、こちらでご確認ください。
デメリット6・今あるお金が減る未来への投資であること


電磁波のリスク

パワーコンディショナーは強い電磁波を発します。電磁波は現代社会では、あらゆる電子機器から放出されています。特に、IHクッキングヒーターや電子レンジの電磁波は、非常に有害と言われていて、寿命に影響を与えるとさえ言われています。

もちろん、電磁波については、多くの規制があるため、国が定めた基準を上回る電磁波を出す機器は設置されませんが、電磁波の人体に与える影響は正直、まだ解明されていないのが実情です。

そういう意味も踏まえて、パワーコンディショナーの設置位置はしっかりと検討すべきでしょう。万が一、生活空間に近い場所にパワーコンディショナーを設置してしまうと電磁波による影響を受けないとは言い切れないかもしれません。設置後に移設したり屋内用のパワーコンディショナーを屋外用のパワーコンディショナーに交換しなくてはいけない事態を避ける必要もあります。以上のこようなデメリットを少しでも排除すべきとの観点から解説しています。詳しくは、こちらでご確認ください。
→デメリット7・電磁波のリスク

特に九州など太陽光発電が急激に普及した地域では、出力抑制が起こっていると報告されています。

出力抑制とは、日射量が多い日中に、近隣の太陽光発電施設が大量に発電することで電力網上に電気が満たされている状況で、あなたの太陽パネルがせっかく発電しても、パワーコンディショナーで交流電力に変換されないリスクがあることを示しています。

基本的には発電した電力の全量を売電する事業用太陽光発電で大きな影響を受けることになり、余剰買取である住宅用に与えるインパクトは少ないということができます。また住宅用太陽光発電の場合多くは、家庭内の配電の関係で出力抑制が起こるケースが多いようですので、余分なデメリットを抱えなくてもよいように、事前の工事設計が大切になります。詳しくは、こちらでご確認ください。
→デメリット8・出力抑制による売電量の減少

太陽光発電パネル製造時の環境負荷

太陽光発電は、二酸化炭素をはじめとした温室効果ガスの排出を抑制する、環境にとてもよいエコでクリーンなエネルギーだと言われています。ソーラーエネルギーによる電力を使用することで、火力発電や原子力発電によって作られた電力を使用しないで済むという代替えエネルギーの意味合いからです。

つまり、住宅用であれば太陽光発電によって作られた電力を自宅で使用することで電気代を削減=化石燃料によって作られた電気会社からの電気の不買行動になるということです。産業用であれば、電気会社へ再生可能エネルギーを直接的に提供することで、化石燃料の消費を減らすことができます。

一方で、太陽光パネルやパワーコンディショナーを作る時、あるいは廃棄するときに膨大な量の温室効果ガスが排出されるので、決してエコでクリーンなエネルギーではないという人もいます。これが本当だとすると、逆にデメリットにしかならないということができます。結論からすれば、やはり太陽光発電はエコでクリーンなエネルギーといえます。詳しくは、こちらでご確認ください。
→デメリット9・パネル製造時の環境負荷

まだ未知のデメリットがあるかもしれない

最後の番外編として10個目のデメリットをお伝えしたいと思います。それは、まだわからないデメリットが今後出てくる可能性があるということです。極めて抽象度の高いデメリットで、これはあらゆる製品にいえるものです。例えば、スマホWi-Fiのデータの健康への害や、味の素の健康被害などもこれらと同じまだ明確に解明されていないデメリットのひとつです。

太陽光発電の場合、最近出てきた新しい問題点の一つとして、ソーラーパネルの設置角度によって反射光が近所でトラブルの原因になったというものがあります。これはほとんどのケースで起こらないことですが、実際に起こったことで、周囲に高い建物がある場合はしっかりと考えないといけない問題です。ある太陽光発電を設置した家庭が、斜め前のマンションの住民に訴えられたのです。

あるいは、20年後、30年後の太陽光発電機器の処分の問題も起こってきます。ソーラーパネルもどれだけメンテナンスして耐久性を高めても、いつかは寿命が来ます。その時に廃棄しなくてはならず、産廃が増えると主張する人がいるわけです。ただ、作られたものがその使用期間を全うして最後に廃棄されるのは、私は問題ではないのではないかと思っています。単なる躍進する太陽光発電業界への反発のようにも感じます。

あと、補助金制度が終了して、固定価格買取期間が終了した後どうなるかもひとつの観点でしょう。どれくらいの期間で初期費用を回収して、その後どうなるのかという点に関係していくので、事前にしっかりと確認しておく必要はあるでしょう。

最後は、やはり電力会社からすれば、晴れた日中のみに発電するソーラー発電のみに偏った再生可能エネルギーの普及による、出力制御の問題や季節や時間帯による電力需要に対してどうコントロールするかの問題はすでに表面化していますが、今後も大きくピックアップされるでしょう。※ただ、今後は蓄電池の進化などで解決していくことでしょう。また、間違って頂きたくないのは、この観点はあなたにとってあまり関係ないことなので、あまり過敏になる必要もないということです。

いずれにせよ、現実に即して太陽光発電を導入するかどうかを検討していくとよいと思います。私のメルマガをご購読いただくとさまざまな観点をシンプルにしっかりとご確認いただくことができます。

太陽光発電デメリットまとめ

太陽光発電にデメリットってあるの?

太陽光発電のデメリットはどういったものがあるのでしょうか?

一番にイメージしやすい太陽光発電のデメリットは、「雨漏りが起きるリスクがあるのでは?」という不安くらいではないかと思います。
実際、太陽光発電を付けることで、

不便になる
維持費がかかる
等のマイナスはほとんどありません。

考えられるとすれば、「せっかくこだわった屋根が、パネルで隠れてしまう」という事くらいだと思います。
そのため、多くの方は「マイナス面」よりも「リスク」や「不安」をデメリットとして考えていることがほとんどです。

太陽光発電7つのデメリット

たくさんの太陽光発電を検討される方から聞かれる太陽光発電のデメリットをまとめると、以下のようなものがあります。
ここでは「リスク」や「不安」について慎重な方から良く聞かれるものも含めてご紹介します。

では、リスクや不安などのデメリットがこれだけある太陽光発電は、設置しない方が良いのでしょうか?
今まで太陽光発電を設置した方は、メリットとデメリットとを天秤にかけて、「メリットの方が大きい」と納得して太陽光パネルの設置を決断しているはずです。

そう考えると、太陽光発電を設置すべきかどうかは、これらのデメリット(リスク・不安)を正しく把握することがカギになりそうです。

デメリットを正しく把握して、失敗しない太陽光発電選びをしていただくために、デメリットの実状を一つ一つ解説します。

おさらい:太陽光発電のメリット

ちなみに、太陽光発電はメリットが多い商品ですが、簡単に整理すると以下のようになります。
ちなみに、太陽光発電はメリットが多い商品ですが、簡単に整理すると以下のようになります。
太陽光発電のメリット
太陽光発電のメリット1:エネルギー自給率を高める
太陽光発電のメリット2:環境に良い
太陽光発電のメリット3:電気代が安くなる
太陽光発電のメリット4:余った電気を売れる
太陽光発電のメリット5:停電しても電気が使える
太陽光発電のメリット6:二階のエアコン代を削減できる
太陽光発電のメリットについては別の記事にまとめています。
また、メリットとデメリットを一度に把握したい方向けの記事も有りますので、よろしければご覧ください。

太陽光発電のデメリット1:設置費用が車よりも高い

太陽光発電は最新技術を駆使して作られている上、建築工事によって屋外に設置する機器ですので設置費用はどうしても高くなります。

ただ、太陽光発電の設置費用は数年前と比べるとずっと安くなりました。
2009年と現在の太陽光発電の相場価格を比べてみましょう。

2009年と2017年の太陽光発電の設置費用・設置容量の比較

技術開発が進むことによって設置容量も増え、普及が進むことでメーカーが価格を下げることができるようになったため、特にkW単価は劇的に安くなっています。

ただ、安くなったとは言っても、太陽光発電は100万円以上する高額商品であることに変わりはありません。

現金で購入する場合に限った話ですが、今ある貯金を太陽光発電の設置費用に使うわけですから、太陽光発電を設置するともしもの時の備えが減る事になります。
不測の事態に対処できなくなるわけですから、短期的にはデメリットであると言えます。

ただローンで購入すれば、少し割高にはなりますが「現金の備えが減る」というデメリットは関係なくなります。
太陽光発電のローンは銀行などの優遇金利(2.4%~2.6%)があることが多いので、一度確認してみるといいかもしれません。

また、太陽光発電の設置費用は一般的にあまりなじみがないため、一部の悪徳業者が法外な値段で提案してくることがあります。
高いこと自体は問題ではないのですが、大抵ウソをついています。
すでに太陽光発電の話をどこかの会社さんから聞かれている場合は特に注意してください。

太陽光発電の金銭的なメリットはどれくらいか

一方、太陽光発電は作った電気を売ることで利益を得る、いわば長期的な投資としても考えることのできるものです。
「一時的に貯金が減っても、電気を売ることで多くの収入を得ることができる」という事になれば、投資してもいかな、と思われるだろうと思います。

標準的な条件で、20年間でどのくらいメリットが生まれるのか、見ていきましょう。

回収年数は金銭メリットの累計が設置費用を上回る年数、つまり元が取れる年数です。
元が取れた後はひたすら利益が積み増されることになります。

しかも、太陽光発電は20年以上使用する事が出来ますので、20年目以降もお金を産み出してくれます。

これは東京都での収支シミュレーションですので、他の都道府県のシミュレーションは是非ご自身の目でお確かめください。

太陽光発電のデメリット2:メンテナンス費用

太陽光パネルは基本的にメンテナンスフリーとは言え、パワコンについては10年程度で交換が必要ですし、より長く安心して使おうと思うと定期点検も必要でしょう。
これを100%無視してしまうと「メンテナンスフリーって聞いていたのに、思っていたよりも費用がかかった」とがっかりしてしまう事になります。

太陽光発電のメンテナンス費用は20年間で30万円程度だといわれています。
内訳は大きく以下の2つです。

メンテナンス費用(20年間で30万円)
パワコンの交換費用:20万円(メーカー保証期間内はゼロ)
定期点検(2万円の有料点検を4年に1回実施):10万円
20年間で30万円ですので、太陽光発電の金銭メリットの中から毎年1.5万円くらい貯金しておけば、メンテナンスや機器の交換が必要になった場合でも嫌な思いをせずに済みそうです。

このメンテナンス費用は国が硬めに想定している費用ですので、実際にはこれより少なくなると思います。

ちなみに先ほどの収支シミュレーションに記載されていた『20年目利益』はメンテナンス費用を差し引いた金額です。

太陽光発電は設置費用は決して安くは無いものの、長期的に見れば利益がきちんと確保できることがお分かりいただけると思います。

メンテナンス費用はもちろんですが、寿命も20年以上あり劣化もそれほど大きくありません。
特に新築時に設置されるとメリットを受けられる期間が長くなるのでお勧めです。
詳しくははこちらをご覧ください。


太陽光発電のデメリット3:雨漏りのリスク

ここからは、リスクとしてのデメリットを挙げていきます。
まずは、雨漏りのリスクについてご説明します。

当社では、年間10,000件ほどご相談をいただいていますが、「雨漏りした」という話は、創業当時から今まで1、2件程度しか聞いたことがありません。
ただ、リスクがゼロという訳ではありませんので、念のため解説したいと思います。

雨漏りのリスクは、最適な設置業者を選ぶことで最小にすることが可能です。
なぜなら、太陽光発電仕入れ先によって商品自体が変わることが無いためです。
例えば太陽光発電の場合、「A社から買った方がフレームが丈夫」という事はありません。
ただ、屋根に穴を空けるのは設置業者ですので、雨漏りするかしないかは、設置業者の技術次第という事になります。
つまり、優良業者を見極めることで、雨漏りは回避できるのです。

なお、雨漏りのリスクについては、別のページで詳しく解説していますので、ぜひご覧下さい。

そのページでは、

どうして雨漏りが起こらないと言えるのか
どうしてダメな会社を選ぶを選ぶと、雨漏りのリスクがあるのか
の2点をご理解いただけるはずです。

太陽光発電のデメリット4:パネル重量による屋根への負担

「パネルの重量が、屋根や建物の負担になるのではないか?」とのご質問も良くいただくご質問です。
重量を気にされる方が心配されている内容は、以下2点がほとんどです。

太陽光パネル重量のデメリット1:家屋の倒壊
太陽光パネル重量のデメリット2:雨漏りのリスクが高まる
結論から申し上げますと、どちらも問題ないという事になるのですが、とは言っても大事なマイホームに手を加えるのですから、ご不安に思われるのは当然のことだと思います。

まず「太陽光パネル重量のデメリット1:家屋の倒壊」についてですが、一般社団法人 太陽光発電協会※の見解は以下の通りです。

まとめ

改めて確認しますと、太陽光発電のデメリットは以下の通りです。

太陽光発電のデメリット
太陽光発電のデメリット1:設置費用が車よりも高い
→標準的な設置環境であれば、売電期間の10年とほぼ同じくらいで設置費用は返ってきます。
太陽光発電のデメリット2:メンテナンス費用
→メンテナンスにかかる費用は、毎年1.5万円ずつ貯金すれば安心です。
太陽光発電のデメリット3:雨漏りのリスク
→設置業者をきちんと選ぶことで、雨漏りは防ぐことができます。
太陽光発電のデメリット4:パネル重量による屋根への負担
→パネルは、屋根材と比べて軽いので問題ありません。
太陽光発電のデメリット5:急に売電できなくなるリスク
→再エネ特措法で決まっているので、期間内に売電が出来なくなるという事はありません。
太陽光発電のデメリット6:反射光トラブルのリスク
→北面への設置を避ければ大丈夫です。
太陽光発電のデメリット7:「夜でも発電する」はウソ
→停電時でも日中は電気が使えますが夜間も使うには蓄電池が必要です。
太陽光発電は、大切なご自宅の屋根に穴を空ける工事を伴います。
それゆえ、デメリットについては「よくわからないし、まぁいいか」で済ませてはいけません。
きちんとデータを確認すれば、気にするべき事か気にするべきでない事なのかは冷静に判断できます。

その上で、デメリット(リスク・不安)を小さくするためには、どんな業者を選ぶかが一番重要です。
安い業者と出会う事はもちろん重要ですが、初期投資で数万円安い会社を選んだために、メーカー保証が受けられなかったり、せっかくのマイホームを台無しにされてはシャレになりません。

ソーラーパートナーズではご相談窓口があり、専門のソーラーアドバイザーが、正確な情報をもとに中立的なアドバイスを差し上げます。
メリットとともに、デメリットも必ずお伝えする事で、「お客様が自分の考えで太陽光発電を選ぶことができるようになる」ことを目的としています。
デメリットの方が大きいと判断すれば、設置しないことをお勧めする事もあります

沖縄が大きな未来への投資となる

さて、沖縄にすっかりと魅せられてしまった私は、その後、何度も沖縄を訪れました。
そして、別荘が欲しくなりました。
当時、別荘といえば、軽井沢清里、海の近くであれば真鶴などでしょうか。首都圏
から比較的近いリゾート地、避暑地に人気がありました。そんな中で、どうしてわざわ
ざ沖縄に別荘を持つのか、と言う知人もまわりにはたくさんいました。しかし、他のリ
ゾート地と比較しても、沖縄の魅力は格段のものがありました。今でこそ、航空チケッ
トは安くとれるようになりましたが、当時の高い運賃を払ってでも、私は沖縄に行き、
仕事の疲れを癒やしたかったのです。
沖縄に別荘を持つという夢は、30代の終わり頃にかなえることができました。その後、
仙代の時期は、仕事は決して順調ではありませんでした。むしろ、事業で失敗して借金
を抱えていたといってもいいでしょう。それでも、その頃はすでに、沖縄に事務所を構
えていましたし、沖縄の地域社会で一定の信頼も得られるようになっていました。こう
した人間関係があったからこそ、私は3カ月に2回くらいのペースで沖縄に足を運び、
充電しては、仕事の現場に戻っていく、そんな生活をすることができました。

このように沖縄は出会った当時から現代にいたるまで私が仕事に向かっていく気持持ちを支える柱となってくれています。
近い将来、仕事をリタイアしたら、沖縄に住みたいと思っています。そのためにも、
私は目の前の仕事を成功させたいと思っています。

沖縄と太陽光発電

沖縄が、太陽光発電投資対象としていかに魅力的かは、ここまで簡単に説明させていただいたと思います。もちろん、沖縄そのものの魅力を語るには、これではあまりにも不充分だと
いうことも承知しています。しかし、そうした点については、沖縄について語った、他
の数多くの書籍に任せたいと思います。
その上で、私が個人的に沖縄にどのようにして出会い、その魅力のとりこになってき
たのか、そのことを語っておこうと思います。
私が沖縄に出合ったのは、別代後半、おそらく恥歳か師歳くらいだったと思います。
沖縄が日本に返還された時期に相当します。
当時、私は故郷の岡山県から東京に出てきて、工事業などについていました。しかし、
その頃の東京は、ちょうど公害がもっともひどい時期にあたっており、空はスモッグで
覆われていました。現在の中国の北京市と同じような状況だと思っていただいてけつこ
うです。工場や発電所のばい煙が空気を汚染し、多くの人がぜんそくに苦しんでいまし
た。海も川もヘドロで汚れており、美しい自然など、どこにもなかったといってもいい
でしょう。東京を中心に神奈川県や千葉県の東京湾沿岸部なども、工場地帯があり、似
たようなものでした。

そうした中、私は日本にへんかんされたばかりの沖縄を訪れたのです。そこに青いお海と青い空を見た私は、すっかり沖縄にはまってしまったというわけです。
沖縄の自然の美しきは、私の故郷である岡山以上でした。今でも、岡山には美しい山
や豊かな瀬戸内海はありますが、それでも沖縄のほうがはるかに美しいと思います。もっとも、当時の瀬戸内海は、東京圏と同様に、残念ながら工場などの影響で汚染されていたこともあります。今は、美しい瀬戸内海が復活しているので、その点は申し添えておきますが。
日本に返還されたばかりの沖縄は、本土以上の成長のポテンシャルも秘めていたと思
います。しかし、まだ充分に成長しないまま、現在に至っているのかもしれません。と
りわけ、最も期待されていたのが観光産業です。返還から2〜3年後には、100万人
の観光客を呼び込むのが目標となっていました。しかし、この目標達成は少し遅れまし
た。実際の観光客は、帥万〜刊万人にとどまっていたと思います。観光客が本格的に増
えるには、もう少し時間がかかりました。そして現在は毎年およそ700万人の観光客
が訪れています。

 

太陽光発電の投資はありかなしか

中国経済の減速懸念が強まっています。そのあおりで、日本の株式市場は波乱含みです。
いまや世界経済が網の目のようにつながっている時代ですから、少し前で言えばギリシャの経済危機、いまなら中国の景気減速、そうした不安材料はすぐに、日本の経済にも波及します。経済環境が悪化すれば、それは不動産の世界にも影を落とします。「風が吹けば桶屋が儲かる」ではありませんが、世界のどこかに不安材料が生じれば、それは瞬く間に、日本の金融・不動産市場の先行き不透明感を高めるのです。
これが、投資の難しさにもつながっています。金融・不動産市場は値動きが激しすぎる
のです。1980年代以降であれば、国内でバブル経済の崩壊があり、2000年代には、リーマンショックを契機とする世界的な金融危機がありました。こうした歴史を踏まえると、投資にはどうしても慎重にならざるを得ません。
しかし一方で、長期安定投資は多くの人にとって必要なものになりつつあります。生涯に必要な生活費を、自らの努力で生み出さなければいけない時代です。1980年代の高金利の時代には、それは預貯金という手段でもよかったかもしれませんが、いまのような超低金利の時代にそれはとても考えられません。預貯金以外の、いわゆる投資という手段で手元のお金を増やしていくしかないのです。
値動きの激しい投資は怖い、でも、将来を考えれば、長期にわたって安定的に現金資産
を増やしていく必要がある。そういう方は、たくさんいらっしゃると思います。

太陽光発電という新しい投資先があることを知っていただこうと、その基本からご紹介したものです。