マンモスマン太

これが俺の生き様だ

太陽光発電のメリットデメリット

メリット

発電して余った電気を高く買い取ってもらえる

10kW以上の大型太陽光発電システムは発電した電気の全てを売る事ができますが、10kW未満の住宅太陽光発電システム(全国平均4.5kW)では、発電した電気はまず家で使用され、余った電気だけ電力会社に売る事ができます。

普段の電気代の単価より、売る事が単価の方が高いので、日中に電気の使用量が少ないご家庭ほどメリットが多くなる仕組みになっています。

売電の詳しい仕組みについては、こちらのページをご覧ください。

デメリット

投資回収が見合わない可能性がある

メリットの所に書きましたが、住宅用の太陽光発電システムはあくまで「余った電気だけ高く買い取ってもらえる仕組み」です。

つまり裏を返せば、発電した電気を全部使い切ってしまうと、かなりメリットが少なくなってしまう、とも言えます。
二世帯住宅のご家庭や、ペットなどを飼っていてエアコンなどの空調機器を入れっぱなしのご家庭などは慎重な判断が必要です。

また、小さな容量のシステムしか載せられないために、余らせる程たくさん発電できない条件の場合も同様に慎重にご判断ください。


メリット

月々の電気代が安くなる

発電した電気は優先的に家で使われます。今まで払っていた電気代を払うことなくご自宅の屋根で発電した電気を使いますので、その分月々の電気代は安くなります。オール電化を導入しているご家庭では通常深夜の電気代単価を安くする代わりに日中の電気代単価が高くなる電気料金プランにされますので、より電気代の節約効果が高くなります。

デメリット


常に発電しているわけではない

太陽光発電システムはあくまで太陽光があたって発電するもの。つまり夜は発電をしません。雨や曇りの時にも大幅に発電量は低下します。太陽光発電システムを設置したからといって夜の時間帯にたくさん電気を使ってしまうとむしろ電気代の増加に繋がってしまいます。


メリット


災害・停電時の非常用電源として使える

パワーコンディショナを自立運転モードに切り替える事により、通常パワーコンディショナについている自立運転コンセントを使用して、最大1500Wまで使用する事ができます。テレビ・ラジオの視聴や携帯電話の充電等に利用できます。


デメリット


夜は発電しないし、蓄電できるわけではない

東日本大震災の時に太陽光発電を設置している家だけ夜でも電気が煌々とついていたという話が出回りましたが、全くのデマです。太陽光発電システムは太陽光があたっている時しか発電しませんし、蓄電ができるわけではないので、夜の停電時に活躍する事はありません。それらを当てにして購入してしまうといざという時に当てが外れて困り果てることになります。

メリット

太陽光パネル設置面下の部屋は、夏涼しくなり冬暖かくなる

夏場は屋根に直接当たっていた太陽光が太陽光パネルにより遮られますので、その下にある部屋の温度上昇を抑える効果があり、室温がおよそ2~3度下がると言われています。

冬場は、太陽光パネルによって、屋根面からの放射冷却が抑制されることにより温度低下が抑えられるため、室温がおよそ1~2度上がると言われています。

エアコンの節電にもつながり結果売電量の増加に貢献します。

詳しい解説はこちら